忍者ブログ
水平線の もっと向こうへ
Posted by - 2017.11.23,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 芸人 - 2008.09.04,Thu
いかにも、「エサをあげるよ~」という雰囲気を装って写真を撮るのがコツ。



PR
Posted by 芸人 - 2008.09.03,Wed
「ドラえも~ん、おなかへった!」

「ハイ、ヤシガニ~~!!」



Posted by 芸人 - 2008.08.19,Tue
収穫から配達まで、石垣島内最速を目指します。




Posted by 芸人 - 2008.08.16,Sat
一匹目よりデカいよ。
竿を振ってから釣れるまで、
北島の平泳ぎ200Mに迫るタイムでした。



Posted by 芸人 - 2008.08.16,Sat
口の先端から目ン玉まで、「うるま」ぐらい。




Posted by 芸人 - 2008.07.28,Mon
いま台風8号が八重山地方を通過している真っ最中なのですが、家の中に缶詰めにならなければいけないほど風雨が強くなってきています。

雷もかなり近くで鳴っていますよ。
そんな状況を楽しむ為に、ちょっとしたゲームをしているんです。
ルールは簡単です。雷が「ピカッ」と光って「ゴロゴロ」と鳴るまでの時間を数えるだけです。「ゴロゴロ」から「ドドーン」に音が変わって地響きまで伝わってくるころには、心臓がドキドキしてきますよ><

モバゲーなんてやってる場合じゃありませんて。
いやほんま。
Posted by 芸人 - 2008.07.13,Sun
じつは昨日、カンムリワシだけやなしにハチドリも目撃してしまいました。しかも、巣を張った蜘蛛を捕食する瞬間です。
ヘリコプターよろしく、羽ばたきながら空中に停止している様をまじまじと鑑賞して、純粋に「美しい」と思いました。渡辺謙がナレーションで参加している「earth」というネィチャードキュメンタリーを観たときよりもね。なにしろ自然界のドラマが眼前で繰り広げられているのですから、その感慨もひとしおなのです。
この記事書いている今も庭(っていうか森)でアカショウビンが鳴いているのが聴こえてきます。やがて陽が落ちて暗くなるとシマフクロウが鳴き始めるでしょう。

なんかこの頃ブログの記事の内容に一貫性がなくなってきているのですが、それでエエやないかと思っているわけなんです。
ブログのネタなんて、わざわざ苦労して探してくるもんじゃないと思います。でなきゃ、4年もブログ続けることなんてできやしませんて。
家から半径100メートルの範囲内でも面白いことはようさんありますわ。それらの出来事を「面白い!」と思える感性が大事なんやないかと。
そんな感性を磨いて日々精進してゆきたいと。まあ、そんな事を思っているわけなんです。
Posted by 芸人 - 2008.07.12,Sat
今日、家の庭(ていうか森)でカンムリワシを目撃しました。
じつは近ごろ、シマフクロウ(五羽兄弟)の家の庭(ていうか森、ってしつこいねん)での撮影を試みているのですが、まさかカンムリワシ様までいらっしゃるとわ。
所持しているレンズではOMマウントの135mmがいちばん焦点距離が長いのですが、カンムリワシを撮るならもうちょっと長い望遠のレンズがほしいです。
GR-Dにバードウォッチ用のスコープをつけて焦点距離を伸ばすという裏技があるそうなので、試してみたくなりました。どうせなら、ニコンのスコープがエエなあ。
とかなんとか考えているうちに、どんどんレンズ中毒に引きずり込まれてゆくのです。





■記事のタイトルは石垣島の誇るチャンピオン、具志堅用高の伝説の言葉「わったーカンムリワシになる」をもじってみますた(´∀`)
Posted by 芸人 - 2008.06.30,Mon
前の記事の「八重山空日記」は写真のデータをSDカードリーダーに入れてネットカフェからアップロードしました。
石垣島にも規模はちいさいですがネットカフェはありますし、光回線で接続できるのでけっこう使えはするのですが、じつは「ネットカフェ」という空間があまり好きではありません。役所や警察などの行政機関のように、用事を済ませたらとっとと出てしまいたい場所のひとつです。

「パーソナル コンピューター」という言葉の所以が凝縮されていて、余りにもその空間における他者との関わりがない場所のように感じます。
もちろんブログには読者が、オンラインゲームには対戦者が、チャットにはチャットの相手がいるということは理解しているのですが。
自分自身がそのような空間を利用する事によって、なんらかの恩恵を受けているわけなんですけれども。

海の写真を撮っていますと当然ですが目の前には海がありますし、海の存在を感じてしまうと、否応なしに外周たかだか百数十キロのちいさい島に生きているという事を体感してしまいます。
「インターネットで世界といつでも繋がれるなんて、嘘だー!!」とかリーフの彼方に向かって叫んでしまいたくなる時もあります。

そのぐらい自分にとって海の存在はおおきなものです。インターネットに関わる事によって失われた身体性を回復させるのには、もってこいの場所なんです。
Posted by 芸人 - 2008.06.17,Tue
アマゾンでレコードプレーヤーを買いました。
家の場所が場所だけに、宅配便が届くまでナンギやりましたけど、一度届けてもらえば次からはナンギやらんくてすむみたいです。

以前愛用していたプレーヤーは一昨年の台風13号で昇天しまして、それからレコードを持っていても聴くことができない状態が続いていました。

じつは、外付けHDに納めてあるドキュメントファイルのバックアップをしようとバックアップ専用の外付けHDの購入を検討していたんですね。ネガの中で作品にできそうなものはTIFFでスキャンしているので、35mmフィルム1コマあたり180MBというけっこうな容量になってしまいますし。
外付けHDは早晩手に入れるでしょう。500GBぐらいでもかなり安くなってきていますし、なにしろそれらの写真は僕にとっては宝物ですから。

以前住んでいた家の真上で雷が炸裂したのですが、そのときにパソコンのマザーボードとDVDドライブがいかれました。ネットで買ったBTOパソコンで、加入していた延長保証の期間が2週間ほど残っていましたので助かりました。マザーボードは新品、DVDドライブは製造中止になっていたのでスーパーマルチドライブになって島に帰ってきました。

なのでDVDにバックアップすることもできるのですが、空気中に塩分と湿度が十二分に含まれている島の環境ではDVDに大切なファイルをバックアップするのは適当ではないです。
国内メーカーのDVD-Rでも上記の自然環境の影響により、データーを読み取る事ができなくなってしまうのです。音楽CDはかなりやられています。持っているCDが聴けないのでわざわざレンタルしてiTunesに入れ直すという手間のかかる事をしています。

レコード上等です。
カビが生えても、拭けばなんとかなります。針にホコリがたまれば、カメラ用のブロアーで吹き飛ばせばよいのです。
もう、たまりません。

ブルーノ・ワルター指揮のベートーヴェンの「運命」を聴きながらこの記事を書いているのですが、完全に自分の人生を重ね合わせてながら聴いています。
時代や国境を超える普遍性を持っている名演奏は、何度聴いても飽きる事がありません。
いやー。音楽って、ほんとうに素晴らしいものですね。
プロフィール
雅号:
芸人
性別:
男性
メールアドレス:
geinin1975[at]
yahoo.co.jp
ブログ内検索
最新コメント
QRコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]